TEAM

チーム医療

医師、看護師、ME、MSW、放射線技師、管理栄養士、理学療法士、事務職など、多様な医療スタッフが各々の高い専門性を前提に目的と情報を共有し、業務を分担しつつ、お互いに連携・補完し合い、患者様の状況に的確に対応した医療を提供しています。当院では約20名の専門・認定看護師及び、多くのジェネラリストがチーム医療で活躍しています。

主なチーム活動

  • 栄養サポートチーム(NST)
  • 緩和ケアチーム
  • 感染制御チーム
  • 褥瘡対策チーム
  • リスクマネージャー会議
  • 心臓血管ケアチーム(CCT)
  • がん診療
  • 地域医療連携

チーム紹介

心臓血管センター

主に心不全患者様の疾病管理やセルフケアに関する指導を行うとともに、家族へのサポートや在宅復帰のための支援を行っています。センター内では診療方針検討のためのカンファレンスを定期的に開 催するほか、植え込み型補助人工心臓を導入された方の管理も実施。高齢化社会を迎え、心不全患者様の急増が予想される現在、心 疾患での再入院を予防するために大切な役割を担っています。

教授・診療科長辻田 賢一

治療に対する患者様のモチベーションは看護師によって大きな影響を受けます。だからこそ心臓血管センターでは主治医・主看護師が積極的な議論を交わ せる環境をつくることが目標。時に議論がぶつかりあうことも歓迎できるような熱い職場が理想です。

看護師前里 梨沙

心臓血管外科センターに所属する看護師は循環器内科やCCUの一般的な病棟看護だけでなく、左室補助人工心臓「LVAD」を導入されている患者様への外来や、「モービルCCU」と呼ばれる心疾患に特化した救急搬送車両への同乗も行っています。 また、CCUでの超急性期から循環器内科での慢性期、そして緩和ケアを必要とする終末期まで、心疾患における幅広いシーンに携わることができることも特徴。どれも専門性が高く、知識や技術も高度なものを求められますが、勉強の機会も豊富にあり、とても充実した日々を過ごしています。

医療の質・安全管理部

熊本大学病院の医療の質向上と、患者安全のために活動する専門チーム。各病棟から報告されたインシデントレポートを分析し、そこから見えた要因に対して新たなルールづくりやカルテシステムの改良などを行っています。医師、看護師をはじめ、メンバーはそれぞれの専門領域で活躍しており、院内のあらゆる部署からの相談に対して多岐にわたって意見を交換しています。

医師近本 亮

治療に対する患者様のモチベーション 病院を良くするための処方箋とも言える「インシデントレポート」を提出するのは、大半が看護師さん。いつも患者さんに寄り添い、間近で関わっている看護師さんならではの視点が、より良い病因づくりに大きな役割を果たしています。

看護師長田口 由美子

さまざまな分野のスペシャリストが集まるチームの中で、患者さまの生活の場に一番近く、思いに寄り添えるのが看護師だと思っています。だからこそ、常に患者さま目線を大切にしています。たとえば、患者説明に同席する際には医師と患者さまの間に座り、患者さまの疑問や不安の解消に細心の注意を払います。また、院内ラウンドで巡回する際も病院スタッフではなく、はじめて来院する患者さまやご家族の視点で観察をしています。誰にとっても安全で、安心して医療を受けられる病院をめざし、これからも患者さま目線での活動をつづけていきたいと思います。

感染制御チーム(ICT)

医師、看護師、臨床検査技師、薬剤師、事務担当者など多職種で構成されるICTは、院内で問題となる感染症の発生動向を注視し、感染の予防と発生した場合に急激に感染が広まらないように対応する役割を担っています。具体的には、週1回チームメンバーが集まるコアミーティングを開いて情報共有と検討をするほか、MRSAなど薬剤耐性菌が検出されている部署のラウンドを行っています。さらに、月1回全部署のラウンドを実施して、手洗いや環境整備状況などを確認・評価し、それを各部署にフィードバックして改善をうながすことで感染が拡大しないようにしています。 当院には専任の感染管理認定看護師が2名所属しており、きめ細やかな情報収集と効果的な発信を行っていることが特長です。

感染管理認定看護師藤本 陽子

患者様と職員を感染から守るために、予防と環境改善に努めることが感染管理認定看護師の役割です。主な活動として、感染の発生状況を把握するためのサーベイランスの実施と、その結果に基づく防止対策、衛生的な医療環境の維持、感染管理プログラムの作成などが挙げられます。また、ICTでは調整役も担っています。ICTの活動は病院全体におよぶため、チーム内のメンバー間だけでなく、各部署、診療科、検査部、事務と調整を図ることが重要です。いち早くキャッチした情報を、どのメンバーに、どのようなかたちで伝えることが適切なのかを判断するのも私たちの役割です。 感染管理はすべてのスタッフと患者様が実践してはじめて効果があらわれます。当院では現在、すべてのスタッフと看護学生を対象にした研修を実施するほか、各部署でリーダー的な役割を果たす感染リンクナースの育成に取り組んでいます。

医師川口 辰哉

ICTにおいて医師は院内の状況やチームメンバーの意見を考慮しながら、チームの活動の方向性や内容を統括する役目があるため、調整役を担う看護師との連携は重要です。医師が持つ診療面の知識と看護師をはじめとするメンバーの情報や知識を合わせることで、より効果的な感染対策が可能になるので、これからもパートナーとして協力・連携していきたいと考えています。