EDUCATION

教育制度

               

一人ひとりが自分の目標を見つけて高度な知識と技術を身につけられる教育プログラムがあり、確かな安全性とすぐれた専門性が求められる看護職を支え、育てます。

教育理念

一人一人の人権を尊重し、信頼と安心安全な看護を提供できる看護職を育成する

教育方針

  1. 患者・家族の意思を尊重し支援できる看護職を育成する
  2. 根拠に基づいた看護が提供できる看護職を育成する
  3. 専門職として自律・自立し、責任と役割を自覚した行動がとれる看護職を育成する
  4. クリニカルラダーと連動した教育を行い、看護実践教育を高め、さらにキャリア開発を支援する

クリニカルラダーシステム

大学病院にふさわしい知識と技術を習得し、それぞれが目指す領域で活躍できるように支援する体制を整えております。キャリアに応じて求められるスキルを自分のペースで無理なく学び、ジェネラリスト、管理職、さまざまな専門領域へ高められることが特長です。

ラダーI

ラダーI
主体的に動くことで、看護がますます楽しく。

新人の頃は右も左も分からず何をするにしても先輩に指導をしていただきながら看護を実践していました。もちろんラダーⅠを取得した現在も、分からないことがあるときには先輩にアドバイスをいただきますが、自分に任された仕事、役割には責任を持って取り組めています。特に受け持ち患者さんのケアに関しては自分の患者さんという意識を明確に持ってケアを行うことができていると感じています。もちろん、自分自身で主体的に看護にあたることはプレッシャーも感じますが、やりがいも大きく、どんどん看護が楽しくなってきました。来年度からは次のステップであるラダーIIにも挑戦していこうと思っています。より一層率先して行動するだけでなく、チームの一員として相談、協力しながら病棟に貢献していけたら嬉しいですね。

趙 泰顯 / 西病棟11階(血液、膠原病、感染症内科) / 2020年入職

ラダーII-1

ラダーII-1
知識や技術はもちろん、看護観も深める一年に。

ラダーII-1は、3年目の春に取得しました。ラダーII-1は自立して、主体的に看護を実践できることが求められます。難しい病態や、覚えるべき看護技術もまだまだありますが、患者さんのための必要な看護は何かを、自分の頭で考え、実践できるように挑戦の気持ちで毎日仕事をしています。印象に残っている研修は、ラダーII-1を取得してから参加した事例研究発表会です。ロイの看護理論を用いて、患者さんとの関わりや、自分が行った看護の振り返りを行いました。この研修を通して、患者さんのフィジカルアセスメントをはじめ、患者さんの反応の意味をより考えるようになり、患者さんの入院までの人生を捉えることが重要であることを学びました。熊大病院は知識、技術の習得だけでなく、看護観を深める機会を定期的に用意してくれます。年数に合わせてスキルアップをしながら、ひとりの看護師や人間としてもしっかりと成長をさせてくれるのがとてもいいところだと思います。

浦田 姫佳 / 西病棟9階(混合病棟) / 2019年入職

ラダーII-2

ラダーII-2
リーダーとして、その日の業務を采配しています。

病棟では、入院から退院後の生活までを踏まえた看護計画の立案、看護ケアを主体的に行っています。他職種とも積極的に連携し、患者さんの一人ひとりの治療や生活を多方面から支えています。また、退院支援の委員会メンバーとして情報を病棟で共有したり、患者さんに適切な退院支援が行われているかをチェックしたりしています。ラダーII-2では、患者さんのケアを自分が行うだけでなく、その日のリーダーとして病棟メンバーを引っ張っていかなければいけません。その日の業務がスムーズに終わるかは、リーダーの采配が大きく影響します。だからリーダーとして勤務する日は「この業務をどのペアに任せようか」「今フォローが必要なのはどのペアだろうか」といつも意識。また、みんなが淡々と業務をこなすのではなく、少しでも笑顔で働けるようにとも心がけています。小さなトラブルが重なっても、みんなが時間内に業務を終えられた日には、心の中でガッツポーズですね。

本村 美子 / 西病棟11階(血液内科・膠原病内科) / 2008年入職

ラダーIII

ラダーIII
日頃の私の姿から後輩たちにいい刺激を。

ラダーIIIに求められるのは、看護実践の中で役割モデルになるような働き方をすること。指導の場面はもちろん、日頃の私の姿から後輩たちにいい刺激を与えられるように努力をしています。また、看護研究の中心的な役割を担うのもラダーIIIの仕事です。直近では、災害時の車中泊が妊婦さんにどのような影響を及ぼすのかを調べ、学会で発表しました。さまざまな年代の看護師とチームになって取り組んだその発表は、その後院内外でさまざまな研究へとつなげていくことができました。現在は病棟で、副看護師長も務めています。看護、指導、研究、さまざまな場面で、仲間を引っ張れる存在になれたら嬉しいですね。また、看護師長とともに病棟運営に携わるひとりとして、病棟スタッフが安心して、楽しく働けるような環境づくりを行っていきたいとも思っています。ラダーが上がっていくほどに責任は増えますが、やりがいも多く、充実した毎日です。

川田 紀子 / 西病棟7階(産科病棟) / 2008年入職

育児休業復帰支援プログラム

出産・育児で休業された方がスムーズに職場復帰できるように、支援プログラムを設けています。

  • 最近の病院・看護部の新システムの説明
  • 採血・静脈注射(IVナース取得者対象)研修
  • シミュレーション研修(輸液ポンプ、吸引、導尿技術など)